会員ログイン(新規登録)
アプリケーション事例

業界別アプリケーション一覧

自動組立

パーツフィーダー材料切れ検出

反射方式にて材料の有無を検出します。

外径検出

ワイドファイバを使用して材料の太さを検出します。

溶接接合部の検出

溶接前のモーター胴部の接合部を検出します。
可変スポット光で距離に応じて最適に調整できます。

パーツの表裏判別

反射量の変化で表裏を判別します。

部品組み付け確認

小形部品に組まれるワークを限定反射で検出します。

貼付けテープの位置制御

テープエッジをアナログファイバセンサで検出、貼り付けズレを防ぎます。

塗装ワークの形状確認

各チャンネル出力のワイドエリアセンサで塗装部品の高さを光軸別出力します。

油のレベル検出

液体の色の影響を受けない超音波センサでオイル面を非接触で検出し、アナログ出力で制御します。

ホッパー内の材料レベル検出

透過形センサの光を窓ごしにポッパー内に通し、材料のたまるレベルの検出します。

ワーク検出

パーツフィーダーのシュート部でワークを検出します。
検出状況をデジタル表示します。

長さ判別による振り分け

センサを複数台使用して、カートンケースの長さ判別をしています。

ゾーン検出

水平に設置しゾーン内の侵入を検出。

パレット運搬システム上で使用したミューティング例

ワークが通過する際、一時的に安全システムを無効化するミューティング機能を搭載。(SEF-SRMと組み合わせ時)

ロボット廻りの侵入検出

ロボット廻りの侵入検出

パーツフィーダーでのワーク検出

極薄形状のファイバユニットのため狭小部でも検出することができます。

センサの位置特定

ロケーションインジケータがセンサのディスプレイを点滅させ、位置を正確に特定します。多くのセンサが設置されている現場でも、容易に対象が特定できます。