会員ログイン(新規登録)
アプリケーション事例

業界別アプリケーション一覧

金属加工

実装機内での基板検出

薄形のセンサを機器に組み込んで検出します。

ベアリング軸のキズ検出

キズによる乱反射を利用して表面のキズを検出します。

コイルの通過検出

コイルは遮光位置が不定ですが、ラジアルクロスレイ方式のエリアセンサで安定検出します。

加工材の落下検出

不定位置を落下する異形材をラジアルクロスレイ方式のエリアセンサで検出します。

パイプの外径測定

光軸別出力タイプのエリアセンサで外径測定や選別を行います。

薄板状の通過検出

ラジアルクロスレイ方式で薄板も検出OK です。

線材の崩れ検出

フックコンベアで移送する線材の崩れによる垂れ下がりを検出します。(ピンホール板付き)

不定位置落下物体の通過検出

ラジアルクロスレイ方式の採用により、通過位置の定まらないワークを安定検出します。

薄物材料の検出

ラジアルクロスレイ方式のエリアセンサにより不定位置を通過する板状の材料検出を行います。板幅が変わっても検出に影響はありません。

供給コイルの残量検出

空打ち防止やコイルの接続のため残量を検出します。

プレス打ち抜き屑の満杯検出

打ち抜き屑で満杯になるのを検出します。

クギのテーピング不良検出

テーピング位置不良のクギを透過形ファイバセンサで検出し、デジタル数値で表示します。

不定位置落下物体の検出

クロスビームでφ15mmまで可能 *1
(*1 φ15mmのワークが検出できるエリアに制限があります。詳細はお問い合わせください。)

検出位置が変動するワークをエリアで検出

検出位置が変動するワークをエリアで検出
(パラレルビーム使用)

ボルトの挿入量確認

正しく挿入されていることをファイバセンサで検出します。
ケーブルが引っかからずにスッキリ取り付けすることができます。

ねじの通過検出

通過位置が不定なねじを安定検出します。

金属異物の検出

金属異物の通過検出します。

チューブ内の金属バネ検出

不透明チューブ内を通過するバネを外から検出します。

薄物材料の検出

ラジアルクロスレイ方式により、不定位置を通過する薄板状ワークを検出します。
(1光軸以上遮光時ONモード)